デミオXDのDPF再生間隔が150km以下になってきたので、対策を考える

NO IMAGE

f:id:KAZSPEED:20201002143744j:plain

4月末の納車から半年で約9000kmを走った。

ずっと220km間隔でDPF再生が行われていたのだが、ここ1000km位は130km~140kmくらいでDPF再生が行われてしまっている。

ちなみに地方の郊外に住んでいるので平均速度は高く、山岳走行も多め。

発進では1速3000rpmまで回し、その後は1500~2000回転位の間で巡行をする乗り方である。

いろいろネットを調べた結果、燃料噴射ノズルに汚れが溜まり正常な燃料拡散ができなくなって煤が多く発生する場合と、DPF本体に汚れが溜まっている場合の2パターンがあるようだ。

参考にしたサイトはこちら

スカイアクティブ-Dに於けるDPF再生と燃料添加剤の考察 | 銀河はるかに – 楽天ブログ

PRO-TEC社のディーゼル燃料添加剤の効果: 悠久のうたかた

トルクプロというアプリを使用して煤の発生量を把握しながら効果を検証されていらっしゃるので、信憑性は高いと思っている。

で、ここで2種類の添加剤が出てくるわけだが、それが

ドイツのPRO-TEC社のSuper Clean DPFと

 Common-Rail Diesel System Clean&Protect

で、ある。

 

 上記のブログ読む限りはデミオXDならば使用量的に1本づつで良いのだが、まとめ買いじゃないと高くつくので、4本セットか3本セットを買うしかないようである

 

 4本が9500円くらい、3本が7000円くらい。

1本が375ml入りで、使用方法としては残り燃料が10Lになった時に50~60mlを投入してガス欠警告ランプが着くまで軽油を使い切ると言った使い方で効果があるらしい。

また1万kmおきでも良いと書かれていたので、1本で6万kmもつ。

まあ30万kmを目指しているので4本入りでもいいとは思うんだけど・・・

都度、必要分だけあればいいからなあ・・・

しかし、マツダのクリーンディーゼル唯一の欠点である煤問題がコレで解決すると言うなら、試す他はない。3本買うか、4本を買うかもうちょっと考えてからポチろ。